CW764AA-33B ワイヤレスレーザーマウス(黒)

●サイズ…50(W)×90(D)×32(H)mm
●重量…51g
●対応機種…USBインターフェイスを装備し、Windows7(〜SP1)/Vista(〜SP2)/XP(SP2〜SP3)/MacOSX(10.5-10.5.8、10.6-10.6.6)が動作する機種
●分解能…1200dpi
●使用可能電池…単3電池1本(付属)
●電池残量表示ランプ装備
●インターフェイス…USB
●付属品…レシーバー、専用ポーチ
●色…ブラック
●本体上部に「エコボタン」を装備したワイヤレスマイクです。こまめに電源のON/CWFができるため、乾電池をより長持ちさせることができます。持ち運び時に誤ってONにならないよう、CWF時に、ボタンが本体上面よりも内側に押し込まれる設計です。
●レシーバーは、ノートパソコンに接続したまま持ち運んでも気にならない、一円玉サイズです。レシーバーはマウス本体内に収納可能で、持ち運びの負担や紛失のリスクを軽減します。
●横スクロールが可能なチルトホイール機能を搭載しており、Excelなど横スクロールを多用するソフトの作業効率が大幅アップします。
●2.4GHz帯のワイヤレス方式を採用し、従来に比べて約10倍の範囲でマウスを操作することができます。特にスチールデスクなどの金属面の上で使用する場合に、従来の方式では、約20cmの範囲でしか使用できないのに対して、本製品では、約3mの範囲で使用可能です。
●通信方式には、ノイズに強い、「DS-SS方式」を採用しており、安定したカーソル移動が可能です。
 
「その他情報」
 
こんな時のロイターモニターは役に立たない。実際に現場で取引をしているディーラーに聞かなければ、その瞬間のプライスは分からないのだ。顧客と銀行が外国為替取引をする場合、顧客が銀行にアマウント(取引したい量)を指定して。
 
トレントとはつまり市場に参加している人が判断する方向だからです。ですから、私のトレードの基本は順張り。とはいえ、トレントがいつまでも続くわけではないで、場合によっては逆張りも使います。
 
本書でも何度も言及するが、fx取引において何よりも重要なのは「損切り」という考え方である。「損切り」とは、レートが不利に動き出したと感じたら、早めに手を打って損失を小さいうちに潰しておくこと。
 
確認してみてください。エントリーするのは、確までの幅と損切りまでの幅を比べ、利確までの幅のほうが大きいときだけです。リスクのほうが大きい、効率の悪いトレードをわざわざする必要はありません。

CW764AA-33B

CW764AA-33B ワイヤレスレーザーマウス(黒) (CW764AA-33B)

定価(税込)
¥4,320
販売価格(税込)
¥4,320
在庫状態 : 在庫有り
数量